妊婦は時間がない

赤ちゃんを育てていて、一番大変なのが毎日の時間の作り方です。3時間一回はおっぱい。眠ってもすぐに起きる。抱っこしないと泣く。など一瞬たりとも赤ちゃんから目が離せないのが子どだてです。赤ちゃんは泣くことでしか意思を表せません。私たち親が24時間見てあげる必要がありますし、少し成長してきても家の中には危険がいっぱいいです。ハイハイをしだしたころには「頭をごっつん」しないように、ずっとついていなければなtりません。しばらく大変かと思いますが、その中でも時間を短縮するコツがあるので、研究してみたいと思います。

大前提として旦那さんには家事や子育てを負担してもらってください

よくくのが、旦那が全然手伝ってくれないという不満です。これは言わなければ動かない性格の方もいらっしゃいますので、必ず子育てについて真剣に話し合ってください。その中で家事や子育てを手伝うという約束を取り付けましょう。時間短縮のコツがあると言っても限度があります。それよりも1人より2人の方が早くできることが多いはずです。必ず手伝ってもらってください。赤ちゃんのことが何もできなければ家事を手つだttえもらいましょう。これが大前提です。

その1・・・食材宅配サービスを使う

時間短縮で一番おすすめなのが、食材を家まで運んでくれる食材宅配サービスです。

子育て中だと配送料が無料になる会社が多く、明らかに子育て支援を目的としているサービスですので、一度検討してみることをお勧めします。

山間だとか、相当の田舎でない限りはほとんどの地域でこのサービスを受けることができます。例えば、生協などは全国どこでも宅配を行っていますし、小学生になるまで配達料無料です。

生協は県単位で独立しているので、それぞれの県の生協に宅配をしていただけるか確認してみるといいでしょう。

中にはヤマト運輸を使っている業者もいます。どうしても配達してもらえない場合はヤマト運輸を使っているサービスを検討してみましょう。

価格について

食材宅配サービスでよく話題になるのが、価格だと思います。

子育て中にいくら配送料が無料になるからといって、近所のスーパーのほうが安いから頼みたくない。

これが一般的な考え方かと思いますが、食材宅配サービスには生協のような一般的なスーパーの宅配、有機野菜など食材にこだわった宅配、お弁当の宅配など種類は様々です。

例えば、生協の場合はコープと呼ばれる店舗型のスーパーに置いてあるものと同じ製品を届けてくれますので、金額的にはスーパーに買いに行くのと全く同じ価格です。もちろん宅配サービスにしかない製品、店舗にしかない製品もありますが、ほとんどが店舗と同じです。

激安スーパーに安さはかないませんが、大きくは変わりませんので、時間短縮のためと割り切って利用するほうが安いと思います。

食材宅配サービスのメリットまとめ

  • 買い物に出かける時間が短縮になる
  • 調理キットなどを使うと料理時間が短縮になる
  • 毎日の献立を考えなくてすむ
  • 重いものを運ばなくてよくなる
  • ガソリン代、電車代など交通費がかからない